著者紹介 

8803_LrahTJpu

著者の倍賞 文彦が、高校時代唯一興味があったことは読書でした。とにかく本が大好きだったのです。そのため、彼が世界文学を研究し、その後教師という職についたのは自然なことでした。クラスで最も勉強熱心な学生の一人だったこともあり、卒業後すぐに仕事に就くことができました。

学校で教鞭を取っていた頃には、学生たちに文学や読書によりふれてもらうために最大限努力しました。彼は自分の自己形成に最も重要な影響を及ぼしたのが読書であることを身をもって体験したため、若者たちにも知的探求の素晴らしさを経験してもらいたかったのです。そして、定年退職が近づいた頃には、次に自分がやることをすでに決めていました。読書と、世界中の面白い作品を書く新人作家について探求することにすべての時間を費やしたいと思っていたのです。

そこで彼は司書の仕事につき、膨大な数の書籍に囲まれながら、より多くの人々が本を読みたくなるような内容のブログも書き始めたのです。では以下のブログをお読みいただき、本の世界の魅力にとっぷりと浸ってください。後悔はさせません!